おへんろ~四国別格二十霊場~
弘法大師にゆかりのある番外霊場のうち20のお寺のご紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク
別格17番札所 五穀山 神野寺
五穀山(ごこくざん)神野寺(かんのじ)は
香川県仲多度津郡満濃町神野にある真言宗善通寺派の寺院。

四国別格二十霊場第17番札所

弘仁12年(821)嵯峨天皇(在位809~823)の勅命により決壊した満濃池の修築のため、別当に任ぜられ僅か3ヶ月で完成させました。

その功績により天皇から褒賞金を賜り、満濃池鎮護の寺として神野寺を建立されました。

その後、再建を繰り返し栄えていましたが、天正9年(1581)に焼失し、廃寺となりました。

昭和9年(1934)に弘法大師一千百年御遠忌を迎え、満濃大師会を結成し、神野寺として堂宇の一部を再建しました。

文化12年(1815)に、守屋吉左衛門によって作られた「ミニ八十八ヶ所」があり、散策コースに石像が並んでいます。

満濃池は大宝年間(701~704)に讃岐の国守道守朝臣(みちのかみあそん)により作られた日本最大最古の溜池です。

その後、幾度も修復され現在は周囲が約20㎞、面積138㌶、貯水量1,540万トン、提高32メートル、有効水深約21メートルあり、毎年6月中旬に「ゆるぬき」(農業用に放流)が行われています。
伝説に龍や大蛇、大鯉の話が伝わっています。

池の一部は現在国営讃岐満濃公園となっています。(有料)


本尊
薬師如来

開基
弘法大師

宿坊:有
TEL:0877-75-0857
スポンサーサイト

スポンサードリンク




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。