おへんろ~四国別格二十霊場~
弘法大師にゆかりのある番外霊場のうち20のお寺のご紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク
別格14番札所 邦治山 椿堂 常福寺
邦治山(ほうじさん)椿堂(つばきどう)常福寺(じょうふくじ)は
愛媛県川之江市滝町椿堂にある高野山真言宗の寺院。

四国別格二十霊場第14番札所

大同2年(807)邦治居士(ほうじきょし)なる人がこの地に庵を結び、地蔵尊を祀りました。

弘仁6年(815)10月15日未明巡錫中の弘法大師がこの庵を訪れました。
当時この地に熱病(インフルエンザ)が流行し、住民を苦しめているのを知り、住民をこの庵に集めて手にせる杖を土にさして祈祷し、病を杖とともに土に封じて去りました。

後に、この杖より逆さなるも椿が芽を出し成長し、住民はこの椿を大師お杖椿として信仰の対象とし、この庵を「椿堂」と呼びこの地方の地名ともなりました。

安政六年(1859)に火災に遭いましたが、現在の椿はその時焼けた株から芽を出したものといわれています。

本尊は延命寺蔵菩薩と大聖不動尊でしたが、核兵器廃絶を願って大聖不動尊は非核不動尊と呼ばれています。

本尊
延命地蔵菩薩
非核不動尊

開基
弘法大師

宿坊:有
TEL:0896-56-4523
スポンサーサイト

スポンサードリンク




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。